ヘルパーステーション

訪問介護とは

訪問介護とは、訪問介護員(ホームヘルパー)などが利用者の自宅を直接訪問して、入浴、排せつ、食事等の介助などの「身体介護」や調理、洗濯、掃除等の家事といった「生活援助」を行うサービスです。

要支援・要介護の高齢者が自立した在宅生活を送るために生活をサポートします。

居宅介護(ホームヘルプ)とは

ホームヘルパーをご自宅に派遣して、障害者総合支援法に基づく身体介護や生活援助等のサービスを提供いたします。いつまでもご自宅で、いきいきと暮らしていただくために生活をサポートします。

提供サービス

身体介護

日常的な介護を必要とする方に、身体機能向上のための適切なサービスをご提供いたします。

食事、洗面、入浴、部分浴(洗髪、陰部・足部などのみの洗浄)、清拭(せいしき:身体を拭いて清潔にすること)、洗髪、排泄、衣類の着脱、床ずれの予防、体位変換・姿勢交換、ベッドメイキング、歩行、車いす等にかかわる介助。

生活援助

ご利用者様が単身、ご家族がご病気などの場合に自立支援やご家族の負担軽減のために適切なサービスをご提供いたします。
買物、調理、配膳、洗濯、掃除、衣類の整理、薬の受け取り等にかかわる介助。
相談・助言・情報提供など。

ご利用までの流れ

ご利用対象

  • 要介護1~5の方または特定疾病が原因で介護を必要とする方
  • このサービスを利用できるのは、要介護認定を受けて「要介護(1~5)と認定された方」
  • あるいは「特定疾病が原因で介護を必要とする40~64歳の方」です。
  • ※要支援(1~2)の方は 介護予防訪問介護または総合事業サービス の対象となります
  • ※事業対象者は総合事業サービスの対象となります

ご利用までの流れ

介護認定を受けていない方

  • 居宅介護支援事業所のケアマネジャーまでご相談ください。ご本人やご家族の代行で、役所へ申請手続きを致します。
  • ケアマネジャーがご自宅へ伺い、お話をおききし、介護保険やケアプランなどについて、ご説明させて頂きます。
    ご利用がお決まりになったら、居宅介護支援事業所との契約を行ないます。
  • 役所に介護保険の申請を行い、後日、認定員がご自宅に伺って、介護認定調査が行なわれます。その後、認定結果が郵便にて送られてきます。
  • ケアマネジャーが、ケアプランを作成し、各介護サービスのご利用の手続きに入ります。
  • 各サービスの事業所との契約をし、各介護サービスのご利用が始まります。

介護認定を受けられていてご利用してない方

  • 居宅介護支援事業所のケアマネジャーまでご相談ください。
  • ケアマネジャーがご自宅へ伺い、お話をおききし、介護保険やケアプランなどについて、ご説明させて頂きます。
    ご利用がお決まりになったら、居宅介護支援事業所との契約を行ないます。
  • ケアマネジャーが、ケアプランを作成し、各介護サービスのご利用の手続きに入ります。
  • 各サービスの事業所との契約をし、各介護サービスのご利用が始まります。